Monumento

shijia's Monumento

Posted texts(54680)

神田錦町二丁目  江戸時代、この界隈は、武家屋敷が軒を連ねる地域でした。当時の武家地には町名がなく、かわりに「錦小路」という通称で呼ばれていました。もともと「二色小路」という字を当てていたとされるこの呼び名は、近くに一色という名の旗...

千代田区町名由来板 美土代町(みとしろちょう)  江戸時代、この地域一帯には、身分の高い武たちの屋敷が立ち並んでいました。特に元禄年間(1688~1704)には、五代将軍 徳川綱吉 の側近として活躍した柳沢吉保(やなぎさわ...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/20 09:58
  • (136)

淀橋浄水場跡  この地は、明治31年東京水道の創設時から昭和40年までの67年間 首都給水施設の中心であった淀橋浄水場の正門あとです。  浄水場の総面積は34万500平方メートルで いまは新宿中央公園と11の近代的街区に生まれかわ...

千代田区町名由来板 内神田一丁目  江戸時代、神田橋のたもとのこの界隈には、荷揚げ場がありました。徳川家康 は、江戸に入るとすぐに江戸城の築城と町づくりを始め、城を囲む御堀(現・日本橋川)はそのための建築資材などを運ぶ水路と...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/20 09:15
  • (598)

千代田区町名由来板 美土代町(みとしろちょう)  江戸時代、この地域一帯には、身分の高い武たちの屋敷が立ち並んでいました。特に元禄年間(1688~1704)には、五代将軍徳川綱吉の側近として活躍した柳沢吉保(やなぎさわよしやす)...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/20 08:52
  • (16)

神田錦町二丁目  江戸時代、この界隈は、武家屋敷が軒を連ねる地域でした。当時の武家地には町名がなく、かわりに「錦小路」という通称で呼ばれていました。もともと「二色小路」という字を当てていたとされるこの呼び名は、近くに一色という名の旗...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/20 08:51
  • (700)

神田に貴重二丁目  江戸時代、この界隈は、武家屋敷が軒を連ねる地域でした。当時の武家地には町名がなく、かわりに「錦小路」という通称で呼ばれていました。もともと「二色小路」という字を当てていたとされるこの呼び名は、近くに一色という名の...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/20 08:34
  • (15)

江戸開府400年  小川町二丁目(北部)                  小川町北部二丁目町会  江戸時代、小川町は神田の西半分を占める広大な地域をさす俗称でした。  古くは、鷹狩に使う鷹の飼育を行う鷹匠が住んでいたこ...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/20 08:33
  • (10)

江戸開府400年 小川町一丁目(南部) 小川町一丁目南部町会  江戸時代、小川町は神田の西半分を占める広大な地域をさす俗称でした。  古くは、鷹狩 に使う鷹の飼育を行う鷹匠が住んでいたことから、元鷹匠町と呼ばれていましたが...

豊島町  この界隈は、かつて豊島町 と呼ばれていました。  元禄十六年(一七〇三)、湯島一丁目、同二丁目(現・文京区湯島一丁目周辺)の北側にあった町屋が地震による家事で類焼し、翌十七年、被災した湯島の人々の新たな居住地が、もとも...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/20 07:37
  • (556)

千代田区町名由来板 神田須田町二丁目  現在の神田須田町二丁目が生まれたのは、昭和八年(1933)のことです。大正十二年(1923)の関東大震災の後、東京の町は再編されました。その一環として元柳原町、柳町、小柳町、平永町などの町...

下町まちしるべ 旧浅草橋  浅草橋 という町は昭和九年(一九三四)に茅町、上平右衛門町、下平右衛門町、福井町、榊町、新須賀町、新福井町、瓦町、須賀町、猿屋町、向柳原町がひとつになってできた。町名は神田川に架けられた橋の名にち...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/18 20:42
  • (18)

豊島町  この界隈は、かつて豊島町 と呼ばれていました。  元禄十六年(一七〇三)、湯島一丁目、同二丁目(現・文京区湯島一丁目周辺)の北側にあった町屋が地震による家事で類焼し、翌十七年、被災した湯島の人々の新たな居住地が、もとも...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/18 20:40
  • (661)

豊島町  この界隈は、かつて豊島町と呼ばれていました。  元禄十六年(一七〇三)、湯島一丁目、同二丁目(現・文京区湯島一丁目周辺)の北側にあった町屋が地震による家事で類焼し、翌十七年、被災した湯島の人々の新たな居住地が、もともと武...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/18 20:11
  • (114)

岩本町馬の水飲み広場  この場所は、江戸時代より房総や東北方面からの物資輸送(米・野菜・魚介類・木材等)のたmに荷車を引く牛馬の水飲み場として、また、街道を往来する人々の休息の場として、重要な役割を果たしてきました。  千代田区役所

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/18 18:30
  • (24)

下町まちしるべ 旧浅草橋  浅草橋 という町は昭和九年(一九三四)に茅町、上平右衛門町、下平右衛門町、福井町、榊町、新須賀町、新福井町、瓦町、須賀町、猿屋町、向柳原町がひとつになってできた。町名は神田川に架けられた橋の名にち...

下町まちしるべ 旧浅草橋  浅草橋 という町は昭和九年(一九三四)に茅町、上平右衛門町、下平右衛門町、福井町、榊町、新須賀町、新福井町、瓦町、須賀町、猿屋町、向柳原町がひとつになってできた。町名は神田川に架けられた橋の名にち...

  • shijia
  • shijia
  • 2016/04/18 18:28
  • (316)

下町まちしるべ 旧浅草橋  浅草橋 という町は昭和九年(一九三四)に茅町、上平右衛門町、下平右衛門町、福井町、榊町、新須賀町、新福井町、瓦町、須賀町、猿屋町、向柳原町がひとつになってできた。町名は神田川に架けられた橋の名にち...

淺野内匠頭終焉之地 自刀後二百四十年記念 史蹟 舊・田村右京大夫屋敷跡にして元禄十四年辛巳(三月十四日)に淺野内匠頭自刀せしところなり 辞世 風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を 如何にとぞせむ 東...

名人六代目 三遊亭圓生終焉の地  根なし草 語る浮世を圓く生き 六代目三遊亭圓生、本名は山崎松尾。明治三十三年九月大阪に生る。明治三十八年五才にして豊竹豆仮名大夫として寄席に出演、明治四十二年噺家に転向、橘家圓童と名乗る。...