Monumento

auto-translate 京都选址历史建筑株式会社鹿儿岛文库地点地点冈本县世田谷区2-23...

wawa

2017-11-13

Tags: 岩崎彌之助 東京都生活文化局 岩崎小彌太 桜井小太郎 auto-translate 東京都 世田谷区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Kyoto Selection Historic Building Shikado Bunko Location Location 2-23-1 Okamoto Setagaya-ku Construction Year 1924 Taisho 13 (April 1924) This building is located in a corner of a hill where Musashino&39;s shadows are well retained. It is an elegant building of reinforced concrete 2 stories scratch and tiled, expressing the style of a suburban housing in the United Kingdom richly. Shikado Bunko is the fourth president of Mitsubishi Joint Stock Company, Kota Iwasaki permanently preserves the valuable classic citizens of Japan and China collected by his father Yayonosuke and further discloses to researchers It was built for the purpose. Designer Kotaro Sakurai (1807 - 1953) studied architecture in the UK and was good at designs with British style quiet dignity. Mr. Iwasaki Kataya also studied in the UK in 1898 and was a British graduate who graduated from the University of Cambridge, and the work of both respirations were consistent. The interior has an entrance hall, lounge, reading room, reception room on the second floor, etc. In the late nineteenth century, it has atmosphere of British arts and craft movement. Tokyo Metropolitan Life and Culture Bureau --- Iwasaki Yayosuke

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 京都选址历史建筑株式会社鹿儿岛文库地点地点冈本县世田谷区2-23-1建设者Otami Sakurai建设年份大正13(1924年4月)这座建筑物位于武藏野的外观保存完好的山的角落。这是一个优雅的钢筋混凝土建筑2层划痕和平铺,在英国丰富地表达了一个郊区住房的风格。 Shikado Bunko是三菱股份公司的第四任总裁,Kota Iwasaki永久保留了由他的父亲Yayonosuke收集的日本和中国宝贵的古典公民,并进一步向研究人员透露它是为了这个目的而建造的。设计师樱井幸太郎(1807 - 1953)曾在英国学习建筑学,擅长设计英式风格的安静尊严。 Iwasaki Kataya先生也于1898年在英国学习,是英国剑桥大学毕业的毕业生,两次呼吸的工作是一致的。室内设有入口大厅,休息室,阅览室,二楼接待室等。十九世纪末期,英国工艺美术运动具有气氛。东京都都市生活文化局---岩崎洋介

東京都選定歴史的建造物 静嘉堂文庫
所在地 世田谷区岡本2-23-1
設計者 桜井小太郎
建設年 大正13年(1924)4月

 武蔵野の面影をよく留める丘陵の一隅にこの建物は建っている。鉄筋コンクリート造2階建スクラッチ・タイル貼りの瀟洒な建物で、イギリスの郊外住宅のスタイルを濃厚に表現している。
 静嘉堂文庫は、三菱合資会社の第四代社長であった岩崎小彌太 が、その父彌之助の収集した日本や中国の貴重な古典籍を永久に保存し、更に研究者に公開することを目的に建設したものである。
 設計者の桜井小太郎(1807~1953)は、イギリスで建築を学び、英国風の落ち着いた品格のあるデザインを得意とした。岩崎小彌太も明治33年イギリスに留学し、ケンブリッヂ大学を卒業した英国通であり、両者の呼吸が一致した作品である。内部は玄関ホール、ラウンジ、閲覧室、2階に応接室等があり、19世紀後半イギリスのアーツ・アンド・クラフト運動の雰囲気をもっている。
東京都生活文化局
---
岩崎彌之助

Texts

tenma
2017-11-24 08:59 (1)
tenma
tenma
2017-11-24 08:59 (434)
tenma

Comments/Photos

wawa wawa 4 年多

静嘉堂文庫

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

wawa (2017/11/13)
Tags: 東京都 世田谷区
wawa (2017/11/13)
Tags: せたがや百景 岡本静嘉堂文庫 auto-translate 多摩川 静嘉堂文庫 美術館 岩崎弥之助 古典籍 古美術品 文庫 丘陵 東京都 世田谷区
sanpocafe (2014/12/12)
Tags: 世田谷区教育委員会 鹿鳴館 静嘉堂文庫 岩崎彌之助 ニコライ堂 三菱一号館 中國二十四孝 岡崎雪聲 松方正義 歴史的建造物 auto-translate ジョサイアコンドル 東京都 世田谷区
wawa (2017/11/13)
Tags: 東京都 世田谷区