Monumento

kawa_sanpo

2017/10/01

Tags: ocr-generated 長野県 千曲市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated おばすてた いっきちょうらくじ
名勝 販捨(田毎の
キ境内図
千曲市
長楽寺
姨捨駅へ歩いて10分
(車の通り抜けはできません)
「嫌捨観光会館
ちょうらくじ ほ ん どう




ちょうらくじ
長楽寺本堂・月見殿
長楽寺境内
きりづまづく
ねだてんじょう
「宝ヶ池
平成14年から平成23年にかけて歴史的、
文学的景観を整備することを目的として、建物
の痕跡調査や古写真などに基づいて建物を修理、
文学碑群についても整備しました。
「観音堂)
本堂
本堂は間口4間半、奥行6間の切妻造り、板葺
きの建物で、低い根太天井を張って中二階を設
ける建物形式からみて文化・文政期(1804~
1829年)頃の建築と推定されています。
月見殿は、本堂と1間通りの畳廊下を隔てて
いりもやづく
接続し、間口2間、奥行6間2尺の入母屋造り、茅
葺きの建物で、虹梁の絵様に幕末の特徴があり、
天保・弘化期(1830~1847年)頃の建築と推定
されています。
本堂はじめ現存する建物は、江戸時代の終わ
り頃に建てられたものです。俳人小林一茶が初
めてここに訪れた寛政12年(1800年)には、観
音堂はすでに建てられていました。
LAS

石)
月見殿
桂の木
月見堂


芭蕉翁面影塚)
現在地
至石地区湖田
至四十八枚田
か ん のんど
觀音堂
明治41年(1908年)頃の長楽寺全景
ばしよう おう おもかげ づか」
ほうぎょうづく
芭蕉翁面影塚
こぶしばな さねひじき
こうりょう
月見堂
間口2間、奥行2間の宝形造り、茅葺き建物
で、虹梁の絵様、拳鼻・実肘木の様式など,
宝暦・明和期(1751~1771年)頃の須 。
されています。
松尾芭蕉は貞享5年(元禄元年 1688)、瑛捨に仲秋の名月を見に訪れ、「おもかげや爽ひとり
なく月の友」と詠んでいます。明和6年(1769年)、加舎白雄らによって「面影塚」が建立された後、
境内にたくさんの句碑群が建立されました。更級川を渡ったところが、庭石地区の棚田です。
かや しらお
ほうぎょうづく
さらしな
間口2間、奥行2間の宝形造り、茅葺きの建物で、史料
などから天保6年(1835年)頃の建築と推定されています。

Texts

monumento
2018-03-27 23:37 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

kawa_sanpo (2017/10/01)
Tags: ocr-generated 長野県 千曲市
kawa_sanpo (2017/10/01)
Tags: ocr-generated 長野県 千曲市
kawa_sanpo (2017/10/01)
Tags: ocr-generated 長野県 千曲市
kawa_sanpo (2017/10/01)
Tags: ocr-generated 長野県 千曲市