Monumento

auto-translate 萨基河口岸(国家注册的有形文化财产)在第一次世界大战的蓬勃发展的...

wawa

2017-09-27

Tags: 水門 運河 登録有形文化財 1928 金森誠之 神奈川県 川崎市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Saki river port gate (national registered tangible cultural property) Amidst the booming economy of World War I, Kawasaki City set up a canal and port plan to expand the site of the factory shortage. As part of this plan, Kawasaki River Port Suido was established in November 1926 by the design of Mr. Seiyuki Kanamori, an interior engineer who was then the manager of the Tamagawa Rehabilitation Office at that time, as a part of this program, and was founded in 1928, It was completed in March of the year. It consists of two towers, a beam connecting the towers, and a gate, and the top of the tower is decorated with grapes, pears, peaches, which are famous items of Kawasaki at the time. There was a relief on an Egyptian ship, although it is not present at the beam part. Even now, it is used as a land removal facility of gravel from Chiba. The canal / river port plan became a large canal with a width of 32 to 40 meters across the current Kawasaki Ward diagonally and was approved for the city planning project of the Ministry of the Interior, but houses and factories were built in the premises, It was abolished in 1943 in the Showa 18 (1943) year due to the impact on the economy. In addition, this river port gate is registered in the registered tangible cultural heritage (building) of the country in 1998. Kawasaki ward office

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 萨基河口岸(国家注册的有形文化财产)在第一次世界大战的蓬勃发展的经济中,川崎市制定了运河和港口计划扩大工厂短缺的地点。作为这一计划的一部分,川崎川口岸于1926年11月由当时的多摩川翻新办公室经理室内技术人员Kaniyori先生的设计成立,为未来的发展作准备,它在今年三月完成。它由两座塔楼,一座连接塔楼的横梁和一座大门组成,塔楼顶部装饰着当时着名的川崎的葡萄,梨,桃子。埃及的船只虽然没有出现在梁部分,即使现在,它也被用作千叶县的碎石土地清理设施。目前川崎病房斜对面的运河/河港计划成为一个宽度为32到40米的大运河,并被批准用于内政部的城市规划工程,但房屋和工厂建在场内,由于对经济的影响,1943年昭和18(1943)年废止。另外,这个内河港口在1998年登记在该国的注册的有形文化遗产(建筑物)。川崎区政府

川崎河港水門(国登録有形文化財)

 第一次世界大戦による好景気のなかで、川崎市は足りなくなった工場用地の拡大を図る運河・港湾計画を立てました。川崎河港水門 はこの計画の一環として将来の発展に備えるべく、当時の多摩川改修事務所長であった内務技師・金森誠之 氏の設計により大正15(1926)年11月に着工、昭和3(1928)年3月に完成しました。2本のタワーと、タワーをつなぐ梁、ゲートによって構成され、タワーの頭頂部には当時の川崎の名産品のブドウ・梨・桃をあしらった装飾がされています。梁部分には、現在は残っていないものの、エジプト様式の船のレリーフがありました。現在でも、千葉方面からの砂利の陸揚げ施設として使用されています。
 運河・河港計画は、現在の川崎区を対角線状に横切る幅員32~40mの大運河となり、内務省の都市計画事業の認可を受けましたが、敷地内に住宅や工場が建てられ、戦局の悪化による経済への影響などもあり、昭和18(1943)年に廃止されました。
 また、この河港水門は平成10年に、国の登録有形文化財(建造物)に登録されています。
川崎区役所

Texts

tenma
2018-01-24 09:25 (482)
tenma

Comments/Photos

wawa wawa 大约 2 年

川崎河港水門

wawa wawa 大约 2 年

#<User:0x007f9885ddf8e0> 川崎河港水門

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

kawa_sanpo (2018/01/07)
Tags: 川崎宿 神奈川県 川崎市
kawa_sanpo (2018/01/07)
Tags: 水門 神奈川県 川崎市
kawa_sanpo (2018/01/07)
Tags: 神奈川県 川崎市
kawa_sanpo (2018/01/07)
Tags: 桜 花見 神奈川県 川崎市