Monumento

kawa_sanpo

2017/08/25

Tags: ocr-generated 群馬県 甘楽町

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated がわぜき
| ル展
ぜき
日女

いなふくみ
雄川堰がいつ、誰の手によって築造されたかを伝える資料
は残されていませんが、織田氏入封以前に現在の原形ともい
える「古雄川堰」があったと推測できます。
関東地方には、このような町並のなかに水路が通っている
ところが三箇所ありますが、すべて群馬県内にあり一番往時
の姿をとどめているのがこの雄川堰です。
「雄川堰の水源は、稲含山(一、三tom)に源を発する雄川
で堰の取り入れロは、これより南方ニキロの所にあり、幾つ
かの難所を克服しています。その最大の場所は、堀沢川を渡
る地点で長さ六メートルにも及ぶ巨大な一枚岩を組み合わせ
た石どいで、水を漏れなく下流へ送っています。
陣屋へ送る水は、一番ロ(一升神)・ニ番ロ(五合桝)・三番
ロ(三合神)と三箇所から取水して、陣屋内に小堰を四通、達
ます
しつうはったつ
おおぜき
させて、武家屋敷の生活用水として利用するとともに、各屋
敷の庭園を潤していました。
一方、陣屋を取り囲むような形で流れる用水(大堰)は、町
並両側の家々の生活用水となり、下流の水田地帯では灌既用
水として活用していました。
織田・松平両氏とも、この雄川堰を大変重視し、管理のた
め御用水奉行を置いていました。このことから、雄川堰を当
時いかに大切にしていたかがわかります。
この用水は、製糸・精米等の動力としての水車にも利用さ
れていました。また、随所にある洗い場は、朝に夕に住民の
生活の場として親しまれ今日に至っています
甘楽町教育委員会
昭和五十八年三月

Texts

monumento
2018-03-28 00:04 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

kawa_sanpo (2017/08/25)
Tags: ocr-generated 群馬県 甘楽町
kawa_sanpo (2017/08/25)
Tags: ocr-generated 群馬県 甘楽町
kawa_sanpo (2017/08/25)
Tags: ソメイヨシノ 群馬県 甘楽町
kawa_sanpo (2017/08/25)
Tags: 織田信雄 群馬県 甘楽町