Monumento

自从昭和56年( 1981年) 缔结为友好城市以来、 那霸市和中国福州市于平成23年( 201...

gotosheng

2016/07/02

Tags: 琉球王国 ニライカナイ 沖縄県 那覇市

Guide plate text

Naha-Fuzhou Friendship City Exchange Monument
The dragon pillar monument was created to commemorate the friendship between Naha City and Fuzhou City, China, which in 2011 celebrated the 30th anniversary of the Friendship City agreement signed in 1981. The dragon pillar are 15 meters tall, 3 meters wide, and are made of granite stone produced in Fujian Province, China.
・The monument is installed on the coast of Wakasa, which is a part of the symbolic axis of Naha City that runs from the Wakasa coast to Shuri via Kokusai Street, identified in the Master Plan of Naha City as the spine of history and culture.
・Founded on topography, feng shui (geomancy), history and culture, the monument design is closely associated with the Shurijo Castle drawing on the symbolic axis connecting Shuri, Kokusai Street and Wakasa.
・Design and construction in the Ryukyuan Kingdom era was centered on the concept of feng shui, which influenced the arrangement of the natural features and buildings of Shurijo Castle, the seat of the Royal Government. The dragons in the Seiden (state hall) of the castle are the most notable examples of this design. All of the five-dragon motifs with the precious gem balls face the Una forecourt to form longmai, or the flow of dragon energy in feng shui. The monument in Wakasa was designed after the dragon pillars in the Una forecourt which are characterized by unique form found nowhere else but in Okinawa.
・The pillars are vertical quadrangular prisms with carvings depicting: (1) dragons coiled up and their heads elevated;
(2) the forelegs held forward in the upper and lower positions, with the upper foreleg holding the precious gem ball; and (3) a dragon pair, one with its mouth open (Agyo) and the other with its mouth closed (Ungyo). The combination of (2) and (3) are features common to the Statues of the Nio (benevolent kings).
・The dragon pillars at the Shurijo Castle Seiden have vertical quadrangular prism bodies that are connected to the balustrade of the rear steps.
・The dragon pillar monument at Wakasa is an extension of the dragon pillars at the Seiden. Instead of being connected to the balustrade or sitting on a pedestal, the dragons emerge directly from the ground, forming an energy flow from Shuri to Wakasa via Kokusai Street.
・The dragon pillar monument faces the ocean towards Nirai Kanai, the land of abundance beyond the seas, in prayers for peace and development.

自从昭和56年( 1981年) 缔结为友好城市以来、 那霸市和中国福州市于平成23年( 2011年) 迎接30周年。这座雕像就是为了纪念两座城市今后的友好交流而建成的。 雕像高15米、 宽3米、 材料使用了中国福建省产的花岗岩。
该雕像位于若狭的海岸部。 在那霸市城市总体规划中、 从若狭海岸部经国际通到达首里、 这根轴被定位为城市的象征性主轴、 而若狭海岸部正是代表了历史和文化发展的中心轴。
象征性雕像的设计考虑到了地形、 风水、 历史文化等多个因素。连接首里、 国际通、 若狭的城市象征性主轴、让人联想到与首里城之间的关系。
琉球王国时代的环境都是根据风水思想进行整修。 王府所在城堡・首里城也不例外、 在决定地形和建筑物的位置时、 同样采取了风水布局。 最明显的就是首里城正殿的龙。 龙会让人联想起宝珠、 5条龙的模样全部面向御庭( 正面的空间) 、 从风水上可以认为就是龙脉、 其中拥有独自造型的龙柱则为若狭的象征性雕像提供了创作灵感。 该造型即使在国外也是难以见到、 纯属冲绳独创、 别具一格。
龙柱的特徵在于垂直竖立的四角柱上刻有以下① 〜 ③的形状。 ①龙身盘踞、 镰刀脖向上抬起; ②前脚上下各摆姿势、 举起的前脚握有宝珠; ③二龙分别呈张口( 阿形) 和闭口( 吽形) 之形状、 相对而立。 ②③的站姿合在一起正好与哼哈二将有异曲同工之妙。
首里城正殿的龙柱由粗壮的四角柱垂直建成躯体、 其主要特徵是与后面的栏杆连在一起。
建于若狭的这座象征性雕像・ 龙柱、 是以首里城正殿的龙柱为基础、 发展成如今的形状。 没有栏杆是因为龙潜入地下、 从首里经过国际通、 留下龙脉后从若狭破土而出、 所以没有台座。
象征性雕像龙柱面向大海、 体现了从大海对面带来富饶生活的Nirai Kanai( 大海对面的乐园) 和对于和平的渴求与发展。

那覇・福州友好都市交流シンボル像
Naha-Fuzhou Friendship City Exchange Monument
シンボル像(龍柱)の設置目的
このシンボル像は那覇市と中国福州市が、昭和56年(1981年)の友好都市締結から平成23年(2011年)で30周年を迎え、今後の両市の友好・交流を記念して建設されたものです。像の規模は高さ15m、幅3mで材料は花崗岩(中国福建省産)を使用しています。
設置する場所は、那覇市都市計画マスタープランにおいて、若狭の海岸部から国際通りを経て首里に至る軸を都市のシンボル軸と位置づけており、歴史・文化の展開軸となっていることから若狭の海岸部としています。
シンボル像のデザインは地形と風水、歴史・文化をもととして首里・国際通り・若狭に至る都市シンボル軸を考え、首里城との関連をもたせています。
琉球王国 時代には風水思想によって環境整備が行われてきました。王府の居城・首里城の地形と建物の配置に風水が取り入れられていました。その顕著なものとして首里城正殿に龍の仕組みがあります。龍は宝珠に関連させて5つ龍の様式は全て御庭(うなー)(正面の空間)に面しており風水との関係から龍脈として読み取れます。その中の独自の様式をもつ龍柱が若狭のシンボル像のモチーフとなっています。その造形は諸外国には見られない沖縄独特の造形で、とてもユニークなものです。
特徴としては、垂直に建つ四角柱に下記の①~③の形が盛り込まれています。
①とぐろを巻き、鎌首を持ち上げ、②前脚を上下に構え、上に挙げた脚に宝珠を握らせています。③二体の龍がそれぞれ口をあけた形(阿形)と口を閉じた(吽形)で対をなし、②③に配したことと合わせると仁王像の構えと共通しています。
首里城正殿の龍柱は胴体が太い四角柱で垂直に建ち、後ろの欄干とつながった特徴となっています。
若狭に建つこのシンボル像・龍柱は、首里城正殿の龍柱から発展させた形ですが、欄干の替わりに龍が地下に潜って首里から国際通りを経て、若狭へと龍脈を作って出てきているため、台座はありません。
シンボル像の龍柱が海に向けられているのは、海の彼方から豊かさをもたらすと言われている「ニライカナイ」と平和への希求、発展性を表しています。

Texts

gotosheng
2016-07-11 20:56 (767)
gotosheng
gotosheng
2016-07-04 20:36 (1)
gotosheng
gotosheng
2016-07-04 20:35 (2417)
gotosheng
gotosheng
2016-07-02 22:58 (941)
gotosheng

Comments/Photos

gotosheng gotosheng 5 个月

那覇・福州友好都市交流シンボル像

gotosheng gotosheng 5 个月

#<User:0x0000000d680ee0>

gotosheng gotosheng 5 个月

#<User:0x0000000d60eb10>

gotosheng gotosheng 5 个月

#<User:0x0000000d594630>

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

monumento (2014/02/18)
Tags: 柳条湖事件 日中戦争 沖縄県 那覇市
gotosheng (2016/07/11)
Tags: 沖縄戦 冊封使 沖縄県 那覇市
gotosheng (2016/08/22)
Tags: 沖縄戦 沖縄県 那覇市
ogaworks (2015/01/08)
Tags: 平和宣言 2009 日本青年会議所 沖縄県 那覇市
gotosheng (2016/08/22)
Tags: 沖縄戦 沖縄県 那覇市
gotosheng (2016/08/22)
Tags: 沖縄戦 沖縄県 那覇市
ogaworks (2015/06/01)
Tags: 沖縄県 那覇市
ogaworks (2015/06/04)
Tags: 沖縄県 那覇市
ogaworks (2015/06/04)
Tags: ガジュマル 都市景観資源 auto-translate 樹木 沖縄県 那覇市