Monumento

auto-translate 森林站立 (结束)

kawa_sanpo

2016/06/30

Tags: 宿場 立場 磐田市教育委員会 長森かうやく 山田与左衛門 静岡県 磐田市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Forest stands (over)
Position that travelers and laborers, palanquin, tenma-resting place had been installed in the main village of the Edo period, post and post town linking road (between).
After the Meiji era, including rickshaws and horse-drawn carriage station, also became the resting place of its passengers and employees.
Went to a few tens of meters east from here to the position of Wilson village, nagamori was reported. Stands, the Chaya teahouses, tea shop stands and called, drinking tea the tourists, specialty cakes and eating, I took a rest.

In addition, horse here refueled such as water and wheat.

Finally buy nagamori
"Finally buy nagamori" Edo period Manji year's (1658-1660), as "chappy" in family medicine were making Yamada banking family in the winter and to cut staff benefits and nearby villagers became very popular as souvenirs and Tokaido line or down from the alternation of daimyo's procession of visitors. Cherry Yamada House is still made in the Edo period have one large sign plate.
This sign is as good as 1.4 meters, width 73 cm, 3.5 cm thick, this "sorry your Musou long leg going up about upstream Yamada" and has carved the coat of arms of the mum of 16 valve also carved on the Central. And it's finally doing this process started by yumemakura Baku at that time master Yamada leg is just God's head has been inherited from generation to generation, but currently is not made.
Manufacturing process is confidential confidential, even in his wife were not allowed to be disclosed.
The old songs
"Men of good reputation, nagamori in various disease Chrysanthemum-5 I finally buy a" and has written.
0/2006 Iwata City Board of education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 森林站立 (结束)

那旅行和劳动者,轿子里的位置,在江户时期、 邮政和邮政镇公路 (之间) 的主要村庄安装了天马休息的地方。
在明治时代之后, 包括人力车和马车站,也成为了乘客及员工休息的地方。
走到几十米的东从这里到威尔逊村庄的位置,长守据报道。
站立,蔡茶馆、 茶店站,称为,喝茶的游客,专业蛋糕和吃,我休息了一会儿。 此外,马在这里加油水和小麦等。

最后买永森

"终于买长盛"江户时期曼吉年的 (1658年-1660 年),"伙计"家庭医学正在山田银行家庭,在冬天,削减员工福利,附近村民变得非常流行,作为纪念品和东海道线上下从交替的大名的游行的访客。
樱桃山田房子仍然是在江户时代有一大标志板面。 这个标志是 1.4 米,宽 73 厘米,3.5 厘米厚,一样好这"抱歉你无双长腿涨关于上游山田"和刻有徽章 16 阀也刻在中央的妈妈。
它终于做了这个过程开始由 yumemakura 巴库那时主山田腿是公正的上帝头已经继承了代,但目前不是。 制造过程是机密保密,即使是在他的妻子是不允许予以披露。
古老的歌谣
"信誉较好的男人,长盛中各种疾病菊花 5 我最后买"和写了。
0/2006
岩田聪市教委

長森立場(たてば)

 江戸時代、宿場 と宿場をつなぐ街道筋の主な村(間村)には、立場 という旅人や人足、駕籠かき、伝馬などの休憩所が設けられていました。
 明治時代以後は人力車や馬車などの発着所、またその乗客・従業員の休憩所となりました。
 ここから数十メートル東へいった所に、立野村字長森の立場があったと伝えられています。
 立場は、掛茶屋、立場茶屋などと呼ばれる茶屋をかね、旅人たちはお茶を飲んだり、名物の餅などを食べて休憩しました。また、馬もここで湯や麦などを補給しました。

長森かうやく

 「長森かうやく」は、江戸時代の前期万治年間(1658~1660)から、山田与左衛門 家で作り始められた家伝薬で、冬季にできる「あかぎれ」や切り傷などに抜群の効能があるとして、近隣の村人は元より、参勤交替の大名行列の一行や東海道を上下する旅人たちの土産品として大変な人気を博しました。
 山田家には今でも江戸時代に作られた桜の木の一枚板の大看板があります。この看板は、高さ一・四メートル、幅七三センチメートル、厚さ三・五センチメートルという立派なもので、これには「御免 御むそう 長もりかうやく 本家 山田与左衛門」と刻まれており、中央の上には十六弁の菊の紋章も刻まれています。
 こうやくの製法は、当時の主人山田与左衛門が夢枕にたった神様のお告げによって始めたとつたえられ、当主が代々受け継いできましたが、現在は作られていません。製法は極秘中の極秘とされ、たとえ妻であっても明らかにされることは許されませんでした。
 昔の歌に
 「諸人のよき評判や長森の 諸病に菊の五もんかうやく」と詠まれています。
平成十八年
磐田市教育委員会

Texts

tenma
2017-02-06 11:45 (707)
tenma

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

kawa_sanpo (2016/06/30)
Tags: 磐田市教育委員会 静岡県 磐田市
kawa_sanpo (2016/06/22)
Tags: ocr-generated 静岡県 磐田市
kawa_sanpo (2016/06/22)
Tags: 熊谷敬三 静岡県 磐田市
kawa_sanpo (2016/06/30)
Tags: 道路元標 十返舎一九 東海道中膝栗毛 静岡県 浜松市