Monumento

auto-translate 红色的鸟和铃木 Mie 吉田老房子废墟

hanacoco

2016/05/25

Tags: 西条八十 北原白秋 芥川龍之介 夏目漱石 新美南吉 童謡 赤い鳥 鈴木三重吉 菊池寛 赤い鳥社 旧宅跡 桑の実 雑誌 小川未明 坪田譲二 童話 三木露風 童画 山本鼎 デモクラシー思想 東京都 豊島区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Red bird, and Suzuki Mie Yoshida's old house ruins Suzuki miekichi (miekichi), 0/1882 (1882) born September Hiroshima. Disciple Soseki Natsume novel home, works in the "real". Presided over the committed to the translation of European fairy tales from around the 0/1916 (1916), 7/1918 magazine 'red bird' fairy tales and children's magazines, scissors closed along the way, until his death in June 0/1936 (1936).
'Red bird' puts out Suzuki Mie Yoshida Memorial issue on 10 August, was discontinued. Miekichi Suzuki's home, was also red birds, except for certain period of time in magazine publisher. In "red bird," starting when I was here from along the Yamanote Line slightly East of the (current mejiro 3-Chome 17) to live had 5/1922 from matsushiro-3572 here Takada-Cho and 10/13 (present mejiro 18-6-3 chome) to resided.
The Nagasaki village, ARAI (incidentally present mejiro 4-8-5) to moved. 'Red bird' written fairy tales from Suzuki miekichi, Akutagawa and Kikuchi Kan and Brook undiscernment, Joji Tsubota, niimi nankichi (niiminannkichi), Kitahara hakushu, Saijo 80.3 from rofu (rofuu) topped with nursery rhymes, Yoshio Shimizu, Shozo Fukazawa's drawings by drew. Also from children are solicited by miekichi spelling white autumn-free verse, kanae Yamamoto free images, each directed.
The democracy thought of the first world war and child-centered education became very popular in the 'red bird' played role to form the art of children's culture.
7/1999 Tokyo, Toshima City Board of education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 红色的鸟和铃木 Mie 吉田老房子废墟
铃木三重吉 (三重吉),0/1882年 (1882 年) 出生 9 月广岛。 弟子漱小说回家,工作在"真实"。 主持致力于周围 0/1916 年从欧洲童话的翻译 (1916 年),7/1918年杂志 '红鸟' 童话故事和儿童杂志,剪刀关闭一路走来,直到他的死亡在 6 月 0/1936年 (1936 年)。 8 月 10 日红鸟伸出铃木 Mie 吉田纪念问题被停止。
铃木三重吉的家,也是红色的鸟,除了某些时间段在杂志出版商。 在"红鸟",开始时我在这里从沿略以东 (当前 mejiro 3 丁目 17) 山手线,住有 5/1922 年从松代 3572 这里高田町和 10/13 (目前 mejiro 18-6-3 丁目) 居住。 长崎的村庄,ARAI (顺便说一句本 mejiro 4-8-5) 移动。
红鸟从铃木三重吉、 芥川龙之介和菊池菅直人和溪 undiscernment,丈二壶田、 研究 (niiminannkichi),写童话北原 hakushu,从露 (rofuu) 配童谣,清水正孝雄祥三作为图纸由西条 80.3 画了。 也从孩子们恳求三重吉拼写白色秋天自由诗,金江山本无图像,每个导演。 民主思想的第一次世界大战和以孩子为中心的教育成为了在发挥作用,形成的少儿文化艺术的红鸟很受欢迎。
7/1999
东京都丰岛区市教育局

赤い鳥社鈴木三重吉旧宅跡
 鈴木三重吉(みえきち)は明治十五年(一八八二)九月広島市に生まれた。夏目漱石 門下の小説家で、代表作に「桑の実」がある。大正五年(一九一六)ごろからヨーロッパ童話の翻訳に努め、大正七年七月童話・童謡雑誌赤い鳥』を創刊し、途中休館をはさみ、昭和一一年(一九三六)六月に没するまで主宰した。『赤い鳥』は、同年一〇月に鈴木三重吉追悼号を出して廃刊になった。
 鈴木三重吉の自宅は、一時期を除いて雑誌の発行元である赤い鳥社を兼ねていた。『赤い鳥社』創刊の頃には、当地よりやや東側の山手線沿い(現目白三丁目一七番)に住んでいたが、大正一一年五月から一三年一〇月にかけて当地高田町字代地三五七二番地(現目白三丁目一八番六号)に居住した。その後、長崎村字荒井(現目白四丁目八番ついで五番)に移った。
 『赤い鳥』には、鈴木三重吉・芥川龍之介菊池寛小川未明坪田譲二新美南吉(にいみなんきち) らが童話 を書き、北原白秋西条八十(やそ)・三木露風(ろふう)らが童謡 をのせ、清水良雄・深沢省三らが童画 を描いた。また児童から投稿を募り三重吉が綴り方を、白秋が自由詩を、山本鼎(かなえ) が自由画をそれぞれ指導した。第一次世界大戦のデモクラシー思想 や児童中心の教育を盛んになるなかで、『赤い鳥』は芸術性の高い児童文化を形成する役割を果たした。
 平成一一年七月
東京都豊島区教育委員会

Texts

hanacoco
2016-05-25 21:43 (619)
hanacoco

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

kawa_sanpo (2015/12/29)
Tags: 北原白秋 芥川龍之介 数寄屋造り 赤い鳥 鈴木三重吉 有島武郎 auto-translate 新美南吉 児童文学 坪田譲治 東京都 豊島区
kawa_sanpo (2016/07/02)
Tags: 目白駅 東京都 豊島区
wawa (2018/10/20)
Tags: 太平洋戦争 豊島区教育委員会 自由学園 建築家 自由学園明日館 ライト プレーリースタイル 東京都 豊島区
hanacoco (2015/01/27)
Tags: 重要文化財 1927 羽仁もと子 自由学園 1921 フランクロイドライト 遠藤新 1997 羽仁吉一 auto-translate 東京都 豊島区