Monumento

auto-translate 靖国神社的由来

hanacoco

2016/02/04

Tags: 倉稲魂命 市杵嶋姫命 素盞鳴命 天皇 建御名方命 東京都 新宿区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate The origin of the shrine
Tenso shrine
Amaterasu enshrined
Location Nishi-Waseda, Shinjuku-ku, Tokyo, 17-36, 3-Chome "Amatsumihoya" and also read extremely precious God as heavenly father is Emperor 遠祖. 1 fire 瓊々 punch respect for classical (plane most to Sakurai's only) may also be referred to as heavenly father.
Amaterasu, Emperor from Ling God (musubinokami takami), countries always otategami (especially where they bite), until future generations may also be called, exclusively Amaterasu and the heavenly father as now. Was called shinmei-Goo, shinmei shrine during the Edo period, but was changed due to large of 0/1870 (1870), and tenso shrine.
Up to 0/1867 (1867), had become a temple Toyoshima County Takada village Shingon shingi sect God Ling mountain money riding Academy.
This tenso shrine is Toyotomi mataakira, Koizumi by the Osaka summer team, defeated at the battle of 0/1615 (1615), live hidden in this area to wasteland, and bearing ISE Naiku to geku, by the Kami of the 0/1645 (1645) shrine 1900th was.
In the environment
Suwa shrine enshrined rebuild of okuninushi
Suga shrine enshrined great bird's nest played life
Inari Shrine enshrined warehouse rice soul life
Itsukushima Jinja shrine city 杵嶋 life Of the 4 deities were enshrined, but was enshrined in April, at the headquarters building of the 0/1894 (city 894 years).
Then renovated back Hall, haiden, Mikoshi warehouse, Kagura-den 0/1922 (19 228 years), 0/1988 (1988) only one of restoration and Kagura was big tamagaki in materials.
Tenno shrine is the shrine is has been supportive of the heart of worship while watching since for 357 years along with the sacred tree of zelkova, gingko, daiki, people who live here.
9/4/2002
Heavenly shrine preservation society
Source of his village society
Supplementary note Source's bunsei Edo Samurai village (1818-1830) of 28 units, about a hundred people 0/1872 (187 (d) years) of 38 units, 165 people were in.

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 靖国神社的由来

桂西神社
天照大神所载
17-36,3 丁目位置西早稻田,新宿,东京
"Amatsumihoya"也读极为珍贵的神,像天父皇帝遠祖。 1 火瓊々 冲床尊重古典 (平面最到樱井只) 可能也被称为天父。 天照大神,皇帝从岭神 (musubinokami 高见),国家总是 otategami (尤其是在哪里他们咬),直到未来几代人也可称为,完全是天照大神和现在一样的天父。
被称为神明咕,神明神社江户时期,但由于改为大 0/1870 年 (1870 年),和桂西神社。 达 0/1867年 (1867 年),已成为寺丰岛县高田村庄真言宗支持下先教派神岭山钱骑学院。
这桂西靖国神社是小泉由大阪夏天队击败在战役中 0/1615年丰臣 mataakira (1615),生活隐藏在这一领域向荒地,和对歌哭,由 0/1645年 Kami 轴承 ISE Naiku (1645 年) 神社 1900th 是。
在环境中
诹访神社所载大国主的重建
Suga 神社庄严伟大的鸟巢起生活
伊纳里神社所载仓库水稻灵魂生活
严岛神社神社城市杵嶋生活
4 神祗的均已订明,但在总部大楼的 0/1894 (市 894 年) 四月,载。 然后经过重新装修的后大厅、 海登、 神舆仓库,神乐窝 0/1922 (19 228 年),0/1988年 (1988) 唯一的恢复和神乐是大玉垣材料中的。
日本国天皇靖国神社是中心的靖国神社是中心的一直都支持敬拜,随着榉木,银杏,大树,居住在这里的人们的圣树 357 年以来看的时候。
2002/9/4
天上的神社保护学会
他的乡村社会的来源
补充说明
来源的悲情江户武士村庄 (1818年-1830) 的 28 个单位,约一百人 0/1872 (187 (d) 年) 的 38 个单位 165 人。

天祖神社の由来

天祖神社
祭神 天照大神
所在地 東京都新宿区西早稲田三丁目十七番三十六号
 天祖とは「アマツミオヤ」とも読み極めて尊い神のことで、天皇 の遠祖です。古典には彦火瓊々杵尊(ひこほのににぎのみこと)を天祖と称することもあります。天照大神、高皇産靈神(たかみむすびのかみ)、国常立神(くにのとこたちのかみ)、を称することもありますが、後世に至って、専ら天照大神を天祖と申し上げるようになりました。
 江戸時代には神明宮、神明神社と称していましたが、明治三年(一八七〇年)の大教宣布により、天祖神社と改められました。慶応三年(一八六七年)迄は、豊嶋郡高田村真言宗新義派神靈山金乗院が、別当寺となっていました。
 この天祖神社は豊臣家の遺臣、小泉源兵衛が大坂夏の陣、元和元年(一六一五年)の戦いに敗れ、この地に隠れ住み、荒地を拓き、伊勢の内宮、外宮に参籠して靈感を受け、正保二年(一六四五年)にこの神社を創祀されました。 
境内には
諏方神社  祭神  建御名方命
須賀神社  祭神  素盞鳴命
稲荷神社  祭神  倉稲魂命
厳島神社  祭神  市杵嶋姫命
の四祭神が祀ってありましたが、明治二十七年(市八九四年)四月、本社普請の時に、合祀されました。その後、大正十一年(一九ニニ年)奥殿、拝殿、神輿倉、神楽殿が改築され、昭和六十三年(一九八八年)本殿の床上げの修復と神楽殿のみがき石材による玉垣が新調されました。
 天祖神社が創祀されて以来、三百五十七年の間、銀杏、欅の大樹の神木と共に、ここに住む人々を見守りながら参拝する人の心の支えとなってきました。
平成十四年九月四日
天祖神社保存会
源兵衛村研究会
付記
源兵衛村は江戸文政年間(一八一八年~一八三〇年)の戸数二十八戸、人口約百人、明治五年(一八七ニ年)の戸数三十八戸、人口百六十五人でありました。

Texts

tenma
2016-02-08 08:22 (770)
tenma

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

wawa (2018/04/15)
Tags: 新宿区教育委員会 江戸名所図会 建造物 寄棟造り 新宿区指定有形文化財 亮朝院本堂 本瓦葺き 修行道場 東京都 新宿区
wawa (2018/04/15)
Tags: 仁王 新宿区教育委員会 大町桂月 東京遊行記 彫刻 新宿区指定有形文化財 亮朝院 金剛力士石像 七面堂前 阿吽一対 尾州住大工加右衛門 日匡代 東京都 新宿区
hanacoco (2016/02/04)
Tags: 東京都 新宿区
hanacoco (2016/02/04)
Tags: 東京都 新宿区