Monumento

万葉歌碑

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 中央区
歴史と文化の
説明板




『草枕旅行く君を荒津まで送りぞ来ぬる飽き足らねこそ』(万葉集12巻3216)
この歌は、都(平城京)に帰ろうとする、あるいは唐や新羅へ派遣される官人を
見送る人が、この荒津の浜で別れを惜しんで詠んだものです。また、問答歌「し
ろたへの袖の別れを難みして荒津の浜に宿りするかも」(万葉集12巻3215)
の歌碑が大濠公園の松島に建てられています。
かた
奈良時代の唐・新羅への経路
登州(現在の台)
金城(現在の慶州)へ
長安(現在の西安へ
「新羅へ
平城京
平城京。
難波津
「論鑑(筑紫館)
●中央区役所 企画課 管理番号122R-S-1

Texts

monumento
2018-03-28 13:01 (0)
monumento

Comments/Photos

ogaworks ogaworks 4 年多

万葉歌碑

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

ogaworks (2015/11/27)
ogaworks (2015/11/27)
ogaworks (2015/11/20)
ogaworks (2015/11/27)