Monumento

千光寺(真言宗)

ogaworks

2014-11-24

Tags: ocr-generated 広島県 尾道市

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated 千光寺(真言宗)
開基は平安時代の始め大同元年(八o六年)で、後に源氏の名
将多田満仲の中興と伝えている。
境内中央の巨岩「玉の岩」は昔この岩の頂に如意宝珠があって、
夜毎に海上を照らしていたのでこの地を「玉の浦」と呼ぶとか。
玉の岩の右には朱塗りの本堂、左には龍宮造りの鐘楼を配して、
尾道の風光のかなめをなしている。
一本堂は貞享三年(一六八六年)の建立で、この地方には珍しい
舞台造り、学内に置かれた須弥壇は応永から永享(「三九四~
一四四0年)頃の作で、和様に恵様を加味した形式で、ここに安
置された本尊は秘仏の千手観世音菩薩。
鐘楼の鐘は除夜の鐘でもおなじみのもの音に名高い千光寺の鐘
は「里聞こえて二里ひびく」と便謡にまでうたわれている。
一本堂までの長い階段の左右には、かって若杉慧の「野の仏」にも
紹介された古い石仏や除虫菊の創始者上山英一郎翁の頃徳碑や
児玉不接の筆塚などもある。
この寺の眺望は我が国随一といわれ山頂から八合目あたりを巡
る「文学のこみち」は、尾道の風光を愛でた文人墨客の作品を天
然の岩に刻んだ遊歩道である。
中国観音霊場第十番札所、備後西国観音霊場第七番札所
千手観世音菩薩(市重文) 本学ご本尊
須弥壇 (市重文)本堂に安置
不動明王(市重文) 護摩堂に安置
阿弥陀如来(市重文) 「護摩堂に安置
地蔵菩薩(市重文) 護摩堂に安置
石造逆修塔「基(市重文)
一本堂下参道脇
石造阿弥陀三尊像(市重文) 本堂下参道脇(磨崖仏)

Texts

monumento
2018-03-28 15:37 (0)
monumento

Comments/Photos

ogaworks ogaworks 3 年多

千光寺(真言宗)

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

ogaworks (2015/03/02)
Tags: ocr-generated 広島県 尾道市
ogaworks (2015/03/02)
Tags: ocr-generated 広島県 尾道市
ogaworks (2015/03/02)
Tags: ocr-generated 広島県 尾道市
ogaworks (2015/03/02)
Tags: ocr-generated 広島県 尾道市