Monumento

auto-translate 铜地藏菩萨坐像(江户六氏之一)江户六氏之一地点品川区南品川区3-...

hanacoco

2015-02-20

Tags: 江戸六地蔵 地蔵坊正元 太田駿河守藤原正義 銅造地蔵菩薩坐像 太田駿河守藤原正儀 太田駿河守 東京都 品川区

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Copper Jizo Bodhisattva sitting statue (one of Edo Roku Jizo) One of the Edo Roku Jizo Locations 3-5-17 Minami Shinagawa, Shinagawa-ku Designated March 1918 The origin of Edo Roku Jizo was in the statue of Taisoji Temple. According to the book "Edo Roku Jizo Construction Engi", Jizo Bo Masamoto of Edo Fukagawa suffered from an incurable disease, and when he and his parents prayed for Jizo Bodhisattva to heal the illness, he was successfully cured. It is said that he issued a request for construction in 1706, gathered people&39;s fortunes, and built one Jizo Bodhisattva in each of the six locations in Edo City. The whole body of each elephant and the lotus seat are engraved with the promoter and the date of their construction, and it can be seen that they were cast by Kanda Minami Nabemachi Imoji Ota Suruga Mamoru Fujiwara Masayoshi. Of the six Jizo, the Jizo Bodhisattva (No. 6) at Eitaiji Temple in Fukagawa was demolished by Haibutsu Kishaku, and five mukuro remain. Of the six Jizo, the Jizo of Kaishozan Shinagawaji is the oldest and was built in the 5th year of Hoei (1708). The height of the statue is the largest of the existing ones, which is 275,273 cm, and was once plated. It was designated as a cultural property because it is a masterpiece as a cast statue in the middle of the Edo period and there are few examples. March 2013 Construction Tokyo Metropolitan Board of Education Suruga Ota Mamoru Ota Suruga Mamoru Ota Masayoshi Fujiwara Suruga Ota Masanori Fujiwara

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 铜地藏菩萨坐像(江户六氏之一)江户六氏之一地点品川区南品川区3-5-17,1918年3月指定江户六氏的起源是在大三寺的雕像中。深江江户江户的前本地藏三(Jozo Bo Masamoto)患有一本不治之症,当他和他的父母为地藏菩萨祈祷以治愈这种疾病时,他成功治愈了。 1706年建造,收集了人们的财富,并在江户市的六个地点中的每个地点建造了一座地藏菩萨。每只大象的全身和莲花座上都刻有启动子和建造日期,可以看出,它们是由神田南锅田町大治雄田太郎骏河藤原昌义铸造的。在六座地藏寺中,深部Hai幸拆毁了深川永泰寺内的地藏菩萨(第6号),剩下五只mukuro。在六个地藏中,Kaishozan Shinagawaji的地藏是最古老的,建于清平五年(1708)。这座雕像的高度是现有雕像中最大的,为275,273厘米,曾经被镀过。它被指定为文化财产,因为它是江户时代中期铸塑雕像的杰作,而且几乎没有实例。 2013年3月建设东京都教育委员会

銅造地蔵菩薩坐像 (江戸六地蔵の一)えどろくじぞうのひとつ
所在地 品川区南品川3-5-17
指定 大正10年3月

江戸六地蔵 の由来は、その一つ太宗寺の像内にあった刊本『江戸六地蔵建立略縁起』によれば、江戸深川の地蔵坊正元 が不治の病にかかり、病気平癒を両親とともに地蔵菩薩に祈願したところ無事治癒したことから、京都の六地蔵に倣って、宝永三年(一七〇六)建立の願を発し、人々浄財を集め、江戸市中六か所に地蔵菩薩をそれぞれ一軀ずつ造立したと伝えられています。各象の全身及び蓮座には、勧進者、その造立年代などが陰刻されており、神田南鍋町鋳物師太田駿河守藤原正義 によって鋳造されたことがわかります。六地蔵のうち、深川にあった永代寺の地蔵菩薩(第六番)は、廃仏毀釈で取り壊され、五軀が残っています。
 六地蔵のうち、海照山品川寺の地蔵は一番古く、宝永五年(一七〇八)に造立されたものです。像高は現存するものの中で一番大きく二七五二七三cmあり、かつては鍍金が施されていました。
 江戸中期の鋳造像としては大作であり、
かつ遺例の少ないものであることから文化財に指定されました。

平成二十三年三月 建設

東京都教育委員会

太田駿河守
太田駿河守藤原正義
太田駿河守藤原正儀

Texts

hanacoco
2021-05-18 12:24 (531)
hanacoco

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

hanacoco (2015/02/21)
Tags: 土方歳三 本陣 1868 新撰組 1867 幕府御用宿 釜屋 建場茶屋 長井尚志 鳥羽 東京都 品川区
wawa (2018/10/31)
Tags: イチョウ 品川区教育委員会 品川寺 東京都 品川区
wawa (2018/10/31)
Tags: 茶屋 幕府 江戸 土方歳三 新選組 幕末 釜屋 建場茶屋 品川寺 井上源三郎 商店街 旅人 慶応 江戸屋敷 南品川宿 南品川 参勤 旅装束 御用宿 品川屯所 青物橫丁 東京都 品川区
hanacoco (2015/02/21)
Tags: イチョウ 天然記念物 品川区教育委員会 古木 品川寺 auto-translate 樹木 東京都 品川区