Monumento

auto-translate 指定重要文化资产(认证历史建筑横滨市)2号横滨对接公司2号对接站...

hamanobakeneko

2015/01/18

Tags: 横浜市教育委員会 花崗岩 1859 横浜船渠会社 ドック 恒川柳作 三菱重工業 ドックヤードガーデン ドライドック 三菱地所 神奈川県 横浜市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Designated Important Cultural Asset (Certified Historical Building Yokohama City) No. 2 Yokohama Docking Corporation No. 2 Docking Station (Dock) Location Yokohama City Nishi-ku Minato Mirai 2 - 2 No. 1 No. 1 Structure and Form Stone Dry Dock (Dry Dog) Owner including owner Mitsubishi Estate Co., Ltd. owner&39;s address 2 - 7 - 3 Marunouchi - ku, Tokyo Tokyo Designated date December 3, 1997 (Heisei era April, Yokohama Certified Historical Building) Expansion and improvement of the port facilities that had been in progress since the opening of Yokohama in 1859 (Ansei Sixth Year) was proposed as a recommendation for the development of port facilities of British engineer HS Palmer in 1887 In the new phase, the port construction project was government-owned and docks and warehouses were to be built by the private sector. Following that, the "Yokohama drilling company" (established in 1888 from the Meiji era), established in 1823, built this dock. At the completion of the Meiji 29 December, Yanagi Tsunekawa, a naval engineer, is in charge of the design. After that, it became owned by Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Yokohama Shipbuilding Company in Showa 10 years, and finished its role in Showa 48 years. From 1983, Mitsubishi Estate Corporation and Yokohama City cooperated with the current owner Mitsubishi Estate Co., Ltd. to establish an investigation committee to review and improve preservation utilization, completed in 1993, it was recycled and used as a dockyard garden It is. With this renovation work, the support structure that supports the dog becomes a steel frame reinforced concrete structure integrated with the basement structure of the landmark tower, and the dock bottom part is newly installed using granite in consideration of use as a plaza. The scale after preservation renovation is the same as the original scale, but the length is slightly shorter in the general manager. The former Yokohama Docking Co., Ltd. No. 2 docking (dock) is the oldest privately owned stone dock (dry dock) and it is precious as well as showing the civil engineering technique in the Meiji period as handled by a Japanese engineer. In addition, it was valued that the industrial structure that form the basis of the development of Yokohama Harbor Town has historical value and that it was preserved and utilized in urban development. Yokohama City · Yokohama City Board of Education Mitsubishi Estate Corporation

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 指定重要文化资产(认证历史建筑横滨市)2号横滨对接公司2号对接站(码头)地点横滨市西区港区未来2 - 2 1号1号结构和石头干坞,所有人,包括业主三菱地产有限公司业主地址东京丸之内丸之内2 - 7 - 3日指定日期1997年12月3日(平成时代四月横滨认证历史建筑物)1859年横滨(Ansei第六年)开放以来港口设施的扩建和改善被提议作为1887年英国工程师HS Palmer港口设施发展的建议新阶段达成,港口建设项目由政府所有,码头和仓库由私营企业建成。据此,建于1823年的“横浜钻井公司”(成立于明治时代的1888年)兴建了这座码头。在明治二十二月二十九日竣工之时,海军工程师Yan,,负责设计。之后,它成为三洋重工有限公司横滨造船公司在昭和十年所有,并在昭和48年完成了其作用。从1983年起,三菱地产株式会社和横滨市与现有业主三菱地产有限公司合作组建了一个调查委员会,审查和提高保存利用率,于1993年完成,被回收利用为造船园是的通过这种翻新工作,支撑狗的支撑结构成为与地标塔楼的地下室结构相结合的钢框架钢筋混凝土结构,底座部分​​采用花岗岩作为广场考虑使用。保存改造后的规模与原始规模相同,但总经理的长度略短。前横滨对接有限公司2号码头(码头)是最古老的私人拥有的石码头(干坞),它是珍贵的,并且显示了明治时代的土木工程技术,由日本工程师处理。此外,重视以横滨港口城市发展为基础的产业结构,在城市发展中具有历史价值和保护性。横滨市·横滨市教委三菱地产公司

国指定重要文化財(横浜市認定歴史的建造物) 旧横浜船渠株式会社第二号船渠(ドック)
所在地 横浜市西区みなとみらい2丁目2番1号
員数 一基
構造及び形式 石造乾船渠(ドライドッグ)、扉船附属、支持構造体(面積3.412m)を含む
所有者 三菱地所株式会社
所有者住所 東京都千代田区丸の内2丁目7番3号
指定年月日 平成9年12月3日(平成元年4月、横浜市認定歴史的建造物)

 安政6年(1859)の横浜開港以来進められていた港湾施設の拡充整備は、明治20年(1887)英国人技師H.S.パーマーの港湾施設整備に対する提言で、新たな段階をむかえ、築港事業は官営で、ドックや倉庫等は民間で建設することになりました。それに従い明治22年設立の「横浜船渠会社」(明治26年より株式会社)がこのドック を建設しました。明治29年12月の竣工で、設計は海軍技師の恒川柳作 が担当。その後、昭和10年三菱重工業 株式会社 横浜造船所の所有となり、昭和48年に役割を終えました。
 昭和63年から現所有者の三菱地所株式会社と横浜市が協同で、調査委員会を設置して保存活用の検討・整備を行い、平成5年に竣工、ドックヤードガーデン として再生、活用されています。この保存改修工事によって、ドッグを支える支持構造体はランドマークタワーの地階構造体と一体的な鉄骨鉄筋コンクリート造となり、ドック底盤部は広場としての利用を考慮して、花崗岩 を使い新装されています。保存改修後の規模は、幅と深さは当初の規模と変わらないものの、総長で若干短くなっています。
 旧横浜船渠株式会社第二号船渠(ドック)は、現在最古の民営石造船渠(ドライドック)で、邦人技師の手によるものとして、明治期の土木技術をよく示し貴重です。また、港町横浜の発展の基礎となった産業構造として歴史上の価値があり、都市開発の中で保存活用がはかられたことも評価されました。
横浜市・横浜市教育委員会 三菱地所 株式会社

Texts

tenma
2017-10-12 11:16 (826)
tenma

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

hanacoco (2016/02/16)
Tags: 日本丸 1957 神奈川県 横浜市
wawa (2017/10/05)
Tags: 1894 神奈川県 横浜市
hanacoco (2016/02/16)
Tags: 1909 鉄道院 auto-translate 神奈川県 横浜市
wawa (2017/12/17)
Tags: ocr-generated 神奈川県 横浜市