Monumento

auto-translate 大津市指定文化财产雕塑Fujio Mika佛陀15日(大津市藤雄...

kawa_sanpo

2019/01/18

Tags: 観音 勢至 地蔵菩薩 阿弥陀如来坐像 彫刻 大津市教育委員会 大津市指定文化財 藤尾磨崖仏 大津市藤尾奥町 山田堂 藤尾観音堂 滋賀県 大津市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Otsu City Designated Cultural Property Sculpture Fujio Mika Buddha Buddha 15th (Otsu-shi Fujiooku-machi) It is in the middle of Kosakikoshi, and it was in a temple called "Yamadado" "Fujio Kannondo" old. The statue of a large and small one and five body is engraved on a horizontally long granite of 278 centimeters wide and 56.6 centimeters wide.Nakodo is the Amitabha Nyorai seated image of the statue height of 148 centimeters Both Bodhisattva statues of Kannon and Motoi are carved on the right side, and the Jizo Bosatsu statue is carved on the left side. There is an inscription which can be read as "2 Years of Propagation (1240) on the outside of the back of Amitabha Nyoro and the style of the statue It is thought that it is a work of the Kamakura period even from the viewpoint.In contrast to this, it can be thought that the other kinds of gods are small in shape and from the place where there is something rough in the engraving method, we have pursued later. In January, 1981, it was designated as designated cultural asset of Otsu city Board of Education Heisei 7 (1995) March March Cultural Asset Desingnated by Otsu City (Sculpture) Magaibutu of Fujio

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 大津市指定文化财产雕塑Fujio Mika佛陀15日(大津市藤雄町)在Kosakikoshi的中间,被称为“Yamadado”“Fujio Kannondo”的寺庙。一个大大小小的一个和五个雕像雕刻在一个278厘米宽,56.6厘米宽的水平长花岗岩上.Nakodo是阿弥陀佛Nyorai坐姿的雕像高度148厘米Kannon和Motoi的菩萨雕像都雕刻在右侧,Jizo Bosatsu雕像雕刻在左侧。有一个铭文可以读作阿弥陀佛背面外面的“2年传播(1240)”和雕像的风格从这个观点来看,认为它是镰仓时代的作品。与此相反,可以认为其他种类的神形状小,并且在雕刻方法中有粗糙的地方,我们后来追求。 1981年1月,被指定为大津市教育委员会的指定文化遗产平成7(1995年)3月3月由大津市(雕塑)设计的文化资产不二雄的Magaibutu

大津市指定文化財
彫刻
藤尾磨崖仏  一五軀
大津市藤尾奥町
 小関越の途中にあり、古くは「山田堂 」「藤尾観音堂 」と呼ばれる寺にありました。
 高さ(二七八センチ・幅五六六センチの横長
の花崗岩に、大小一五体の像と梵字が彫られています。
 中尊は、像高一四八センチの阿弥陀如来坐像 で、向って右側に観音勢至 の両菩薩像、左側には地蔵菩薩 像が彫られています。阿弥陀如来像の光背外側に「延応二年(# 1240)と読めそうな刻銘があり、像の様式から見ても鎌倉時代の作と考えられます。これに対し、他の諸尊は形も小さく、彫法も粗荒なものがあるところから、後に追刻したと考えることができます。
 昭和五六年(# 1981) 一月、大津市の指定文化財に指定されました。
大津市教育委員会
平成七年(# 1995)三月
Cultural Asset Desingnated by Otsu City (Sculpture)
Magaibutu of Fujio

Texts

tenma
2019-02-01 17:32 (0)
tenma
monumento
2019-01-18 16:05 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

kawa_sanpo (2019/01/18)
Tags: 琵琶湖疏水 蹴上インクライン 京都市上下水道局 国の史跡 第一竪坑 三井寺下 藤尾 田邉朔郎 第1疏水のトンネル 各出入口 第1竪坑 第2竪坑 第11号橋 山ノ谷橋 南禅寺水路閣 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2017/02/19)
Tags: 車石 車道 東海道大津 京都間 歩車道分離 放光山閑栖寺 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2019/01/19)
Tags: 縄文時代 弥生時代 奈良時代 須恵器 縄文土器 打製石斧 芝町遺跡と諸羽神社 若宮八幡宮の御旅所 芝町遺跡 芝ノ町 四ノ宮 音羽 小山 有孔磨製石斧 磐境 山科魅力展開プロジェクト 山科区役所区民部まちづくり推進課 滋賀県 大津市
kawa_sanpo (2017/02/19)
Tags: 芭蕉 東海道と 伏見街道 大津算盤 滋賀県 大津市