Monumento

丰国神社

2019-01-01

Tags: 豊臣秀吉 国宝 神社 重要文化財 伏見城 後陽成天皇 二条城 京都府 京都市

Guide plate text

Toyokuni Shrine
Dedicated to Toyotomi Hideyoshi, Toyokuni Shrine is popularly and affectionately known as
Hokoku-san.
After his death in 1598 at the age of 63, Hideyoshi's body was interred in accordance with his
wishes halfway up Amidagamine, a mountain located to the east of Kyoto, and a magnificent
mausoleum and shrine was built its base (present-day Hokokubyo Taikodaira). The emperor
Goyozel granted the shrine the highest shrine rank of Shoichii and bestowed upon its god the
name Toyokunl Daimyojin, and the shrine held a particularly magnificent festival to mark the
seventh anniversary of Hideyoshi's death in August 1604. These events are recorded in some
detail on a painted folding screen called the Hokuni Rinjisaireizu Byobu, an Important Cultural
Asset.
After the downfall of the Toyotomi clan, the Tokugawa shogunate annulled the enshrinement
of Hideyoshi in the mausoleum and shrine, but the shrine was reconstructed in 1880 at the
current site, where the Daibutsuden hall of the now-defunct Hokoji Temple had previously
stood, and revived as Bekkaku Kanpei Shrine. In 1898, the gravesite itself, which had fallen into
disrepair, was reconstructed at the summit of Amidagamine.
at The Chinese-style front gate (a National Treasure) is said to have been relocated from
Fushimi Castle, and along with similar gates at Nishihonganji Temple and Daitokuji Temple, it is
one of the three Chinese-style gates to have been designated National Treasures in the
country.
Kyoto City

丰国神社
是祭祀丰臣秀吉的神社, 一般以"丰国"之名面深受人間喜覆。
丰臣秀吉子1598年去世,享年63 , 接照其還命其遺体被葬子茶山的阿弥陀峰帯山腰上井在山脚下(現丰国南大岡担)建立了豪
年壮双的商宇。后円成天皇賜予真正一位的神崎和丰国大明神的神号,在1604年8月的秀吉七周年忌辰上挙か了級其盛大的価附祭礼。当時
的景象被洋細描会在手国帖対祭礼図屏風(重要文物)上。
丰臣氏交亡后,其店宇被徳川幕府禁止祭祀但后于1880年在旧方た寺大佛殿遺址的地方重建神殿,作 別格官市社得以復送。
1898年, 荒度的陵南也在阿弥陀峰山頂上得以重建。
正面的唐门(国宝)相传是伏见城的遗迹,与西本愿寺、大德寺的唐门一起并称为国宝三唐门。
京都市

豊国神社
豊臣秀吉 を祀る神社で、一般に「ホウコクさん」の
名で人々に親しまれている。
慶長三年(一五九八)に六十三歳で亡くなった秀吉
の遺体は、遺命により東山の阿弥陀ヶ峯の中腹に葬
られ、その麓(現在の豊国廟太閤坦)には、広壮豪華
な廟社が造営された。後陽成天皇 より正一位の神階
と豊国大明神の神号を賜り、慶長九年(一六〇四)
八月の秀吉の七回忌には特に盛大な臨時祭礼が行わ
れた。そのときの様子は豊国臨時祭礼図屏風(
重要文化財 )に詳しく描かれている。
豊臣氏の滅亡後、その廟社は徳川幕府により廃祀
されたが、明治十三年(一八八〇)、旧方広寺大仏殿跡
にあたる当地に社殿が再建され、別格官幣社として
復興された。また、明治三十一年(一八九九)には、
荒廃していた廟墓も阿弥陀ヶ峯の頂上に再建された。
正面の唐門(国宝 )は伏見城 の遺構と伝え、二条城
から南禅寺の金地院を経て、ここに移築されたもので、
西本願寺、大徳寺の唐門とともに国宝三唐門の一つ
とされている。また、その両脇の石灯籠は、秀吉恩顧
の大名が寄進したものである。

京都市

---
神社

Texts

2019-01-05 19:46 (0)
tokada
2019-01-05 19:39 (319)
tokada
2019-01-05 19:36 (1489)
tokada
monumento
2019-01-05 19:25 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

tokada (2019/01/05)
Tags: 豊臣秀吉 豊臣秀頼 重要文化財 寺 大仏殿 京都市指定有形文化財 方広寺 京都府 京都市
tokada (2019/01/05)
Tags: 豊臣秀吉 徳川家康 寺 大仏殿 方広寺 京都府 京都市
jishiha (2016/09/11)
Tags: 豊臣秀吉 京都府 京都市
wawa (2018/09/18)
Tags: 江戸時代 石柱 亀山 旅人 京都 亀岡市 山城国 京都国立博物館 老ノ坂峠 丹波国 京都府 京都市