Monumento

auto-translate 以弥生时代中央的护环定居为中心的Tsuka Otsuka遗址的土...

wawa

2018-06-22

Tags: 発掘調査 入母屋造り 弥生時代 木橋 環濠 竪穴住居 大塚遺跡 環濠集落 港北ニュータウン 歴史的文化遺産 高床倉庫 掘立柱建物 高床 神奈川県 横浜市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Conservation and maintenance of the mound of the Tsuka Otsuka site, centered on the ring moat settlement in the middle of the Yayoi era, was conducted as a preliminary survey in connection with the development of the Kohoku Newtown from excavation survey carried out from 1954 to 1951, and a valuable historical heritage As its east part is preserved. The preservation maintenance protected the ruins of the Yayoi period discovered by the survey by embankment of about 1.5 m and restored the dwelling place right above the remains to reproduce the state of living as a settlement. Restoration of the remains The pit dwellings (7 buildings) Based on the basic materials such as building materials and structure revealed by the excavation survey, we reproduced the appearance of "Mura" in the Yayoi period. Structure: Main building Yami Material: Main pillar is cypress, roof is Kaya Takabori warehouse (drilling pillar building) This building has moved and restored the warehouses considered to be warehouses in the western part of the ruins. Structure: At the time of excavation at the high floor pit dwelling Excavation survey Restoration to the immediate surroundings of the remains discovered by the ring moat survey restored so that the structure and space of the residence traces discovered by the excavation can be observed, and it has been moved and regenerated, Has restored the foundation, fine, which is considered to be a facility for defense. I rebuilt the wooden bridge crossing the Kohashi ring moat. Material: Indication of Konara residential trace Showed the position of the pit dwelling which was not restored. Hard hole Housing restoration section view ▲

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 以弥生时代中央的护环定居为中心的Tsuka Otsuka遗址的土堆的保护和维修是作为与从1954年到1951年进行的开挖调查开发港北新城有关的初步调查和宝贵的历史遗产东部保存完好。维护保养保护了约1.5米的路堤调查发现的弥生时代废墟,并将遗址重新建立在遗体上方,以复制生活状态作为解决方案。修复遗迹坑穴住宅(7栋)根据挖掘调查揭示的建筑材料,构造等基础材料,再现了弥生时代的“Mura”的外观。结构:本馆雅美材质:主要柱子是柏树,屋顶是卡亚takabori仓库(钻柱建筑物)这座建筑物搬迁和恢复被认为是废墟西部的仓库的仓库。结构:在高层矿坑住宅进行开挖时恢复开挖调查恢复环形护岸勘测发现的遗骸周围的环境,恢复了开挖时发现的住宅痕迹的结构和空间,并且它已被移动和再生,已经恢复了基金会,罚款,这被认为是一个防守设施。我重建了穿过小桥环形护城河的木桥。材料:Konara居住痕迹的显示显示未修复的坑穴位置。硬孔恢复部分视图▲

大塚遺跡の保存整備

弥生時代 中期の環濠集落 を中心とした大塚遺跡 は、
港北ニュータウン の開発に伴う事前調査として、昭和48年から
51年にかけて発掘調査 が実施され、貴重な歴史的文化遺産
として、その東側部分が保存されています。

保存整備は調査によって発見された弥生時代の遺跡を約
1.5mほどの盛土によって保護し、集落として生活していた
様子を再現するため遺構の直上に住居などを復元しました。

遺構の復元
竪穴住居 (7棟)
発掘調査によって明らかにされた、建築材料や構造などの基礎資料をもとに、弥生時代の「ムラ」の姿を再現しました。
構造: 入母屋造り
材質: 主柱は檜、屋根は茅

高床倉庫 (掘立柱建物 )
この建物は、遺跡西側部にあつた倉庫と考えられる遺構を移動復元したものです。
構造: 高床

竪穴住居の発掘調査時の姿
発掘調査によって発見された 住居跡の構造・空間を観察できるよう、移動再生したものです

環濠
調査によって発見された遺構の直上に復元し、その外側には防御用の施設と考えられている土塁、細を復元しました。

木橋
環濠を渡る木橋を復元しました。
材質: コナラ

住居跡の表示
復元されなかった竪穴住居の位置を示しました。

堅穴住居復元断面图

Texts

wawa
2018-06-23 05:44 (0)
wawa
monumento
2018-06-23 05:34 (0)
monumento

Comments/Photos

wawa wawa 一年多

案内板

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

wawa (2018/06/23)
Tags: 関東ローム層 土塁 空堀 環濠 竪穴住居 大塚遺跡 台地 赤土層 赤土 柵 神奈川県 横浜市
wawa (2018/06/23)
Tags: 遺構 木橋 環濠 歳勝土遺跡 墓地 丸太 神奈川県 横浜市
wawa (2018/06/23)
Tags: 縄文時代 遺跡 奈良時代 稲作 歳勝土遺跡 大塚 早渕川 低地 台地 水田 神奈川県 横浜市
wawa (2018/06/23)
Tags: 江戸時代 遺跡 横浜市教育委員会 土器 弥生時代 雑木林 大塚遺跡 大塚 石器 竹林 都筑民家園 横浜市歴史博物館 都筑民家園管理運営委員会 横浜市環境創造局 神奈川県 横浜市