Monumento

auto-translate 新泻市森林“睡美人森林”睡美人森林是被指定为国家指定天然宝库的桧...

ryota_n

2018-06-17

Tags: 新座市 平林寺 野火止 睡足軒の森 横浜 三渓園 飛騨 高山 睡足軒 埼玉県 新座市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate The Forest "Sleeping Beauty Forest" in Niiza City Sleeping Beauty Forest is a part of the Hirin Temple boundary forest designated as a country designated natural treasure, and is a landscaped scenic spot with 9,379 m 2. In the Edo era, when the Ueno Takasaki clan Matsudaira Mukai Okuda Otsuo dominated the field village of Kitano, Sugasawa, Nishihori and Owada as an enclave, the "Tamaki Jinya" of the Takasaki clan was placed By the way, there is still a place name "Jinya" still. In the modern era, with the honor of "Japan&39;s Electric Power King", he was active in the business world, but also owned by Mr. Matsunagasu Yasuemon (Mr. Otani) of Showa&39;s great tea ceremony who was also well-versed in the tea ceremony have become. Mr. Matsunaga relocated a country house near Hida Takayama to this place in Showa 13 years by taking care of Mr. Tomitaro Tomiya (Sami) famous for Yokohama Sankei Garden. After that, in 1974 the land of the mansion was handed over to Hirinji which is a family temple. Thank you for your kindness at Hirin Temple, the Sleeping Beauty House and its premises were granted free of charge to Niiza City, and it was decided to open it widely as a cultural heritage here. November 1, 2002 Niiza city · Niiza city board of education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 新泻市森林“睡美人森林”睡美人森林是被指定为国家指定天然宝库的桧山寺边界森林的一部分,是9,379平方米的园景风景区。在江户时代,当上野高崎氏族松平平井奥田大田主宰北野野泽,濑泽,西堀和小和田作为飞地时,高崎氏族的“塔玛基金雅”被放置顺便说一句,仍然有一个地名“金雅”。在当代,以“日本电力王”为荣,他在商界活跃起来,同时也是昭和的精彩茶道仪式的松松弥生先生(大谷先生)拥有的,他也精通茶道在过去一年。松永先生13年在昭和这个地方搬迁了Hida Takayama附近的乡间别墅,照顾了以横滨产经庭园而闻名的Tomiya Tomiya先生(萨米人)。在那之后,1974年,这座豪宅的土地被交给了家族庙宇Hirinji。感谢您在桧山寺的好意,睡美人院及其场所免费授予尼扎市,并决定将其作为文化遗产在这里广泛开放。 2002年11月1日新泻市·新泻市教育委员会

新座市睡足軒の森

 「睡足軒の森」は、国指定天然記念物平林寺 境内林の
一部であり、九千三百七十九㎡を有する緑豊かな景勝の
地です。
 このあたりは江戸時代に、上野国高崎藩松平右京大夫
家が飛び地として野火止・北野・菅沢・西堀・大和田の
五か村を支配していたとき、高崎藩の「野火止陣屋」が
おかれていたところで、現在も「陣屋」という地名が残
されています。
 近代になって、「日本の電力王」の異名を持ち、実業界
て活躍する一方で、茶道にも造詣の深かった昭和の大茶
人・松永安左エ門(耳庵)氏の所有地となりました。
松永氏は、横浜三渓園 で有名な原富太郎(三渓)氏の世
話により、昭和十三年に飛騨高山 付近の田舎家をこの地
に移築しました。
 その後、昭和四十七年に屋敷地が菩提寺である平林寺
に譲られました。
 このたび平林寺 のご厚意により、睡足軒 とその敷地が
新座市 に無償貸与され、ここに文化遺産として広く公開
することとしたものです。
 
 平成十四年十一月一日

  新座市新座市 教育委員会

Texts

ryota_n
2018-06-17 19:33 (0)
ryota_n
monumento
2018-06-17 19:26 (0)
monumento

Comments/Photos

ryota_n ryota_n 2 年多

睡足軒の森

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

wawa (2017/04/16)
Tags: ocr-generated 埼玉県 新座市
wawa (2017/04/16)
Tags: ocr-generated 埼玉県 新座市
wawa (2017/04/16)
Tags: ふるさとの緑の景観地 平林寺 石室善玖 新座石平林寺ふるさとの緑の景観地 埼玉県 新座市
ryota_n (2018/06/17)
Tags: 埼玉県 武蔵野 新座市 平林寺 auto-translate 39 埼玉県 新座市