Monumento

auto-translate 香川町道小学道路原始标记用来表示在大正时代(1919年)生效的道...

kawa_sanpo

2018/06/08

Tags: 須賀川町市街地図 福島県 須賀川市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Kagawa-machi Road Primary Road Road original marks are used to indicate the starting point and the end point of the road, main points of elapse, and the prefectural governor established by the old road law that took effect in Taisho Era (1919) It was decided to designate a place, mostly in front of the municipal office or at the intersection of major roads passing through municipalities. During the Meiji era, the government ordered each prefecture to determine the unit of distance (morning) which was unstructured so far to 36 villages and measure distances of various roads. At this time, milestones were set up in the prefectural prefectural capital locations and became the standard for measuring distances. However, when new roads were developed, the milestone markets and their actual condition no longer match, so the road target was set as a new standard. In the Taisho eleventh year (1922), the style was decided by the Ministry of Interior Ministry ordinance, the dimensions are rectangular parallelepipeds of height 60 cm, length and width 25 cm, making the tip part round, Stone materials and other durable materials "to be used," to state everything as municipal road source "was stipulated. According to the Fukushima prefecture announcement dated April 1, 1910, it stipulated that the road source of Sukagawa Town be set at "Sukagawa Town West 2 - chome 35 th", and still remains in the same place as then It has been. The street leading from this place to Yawata Town was regarded as a road from the then national highway to the county government office after the Iwase Gun government office opened in 1889 (Meiji) (1979), and "street as county office" It was also called. In the Old Road Law, each municipality is set up as a road source target, but the same notice is set for "Sukagawa Town West 4th Street 1" as well. When the old road law is abolished by the new road law which came into force in 1952 (1952), the original road mark stays only as an attached item of the road, special provision such as installation place disappears It was. For this reason, it can be said that the existing source road marker is valuable material to convey the history of the time, as it is seen that the location is unknown due to road construction and housing development etc. A state of the vicinity of Sukagawa Town Nishi 2-chome in the Taisho era (From the Taisho 13 Year "Urban Area Map of Sukagawa Town" (Collection of Sukagawa City Museum))

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 香川町道小学道路原始标记用来表示在大正时代(1919年)生效的道路的起点和终点,逝去的要点以及由旧道路法确立的县知事,决定指定一个地点,主要在市政府前或通过市政府的主要道路的交叉点。在明治时代,政府下令每个县确定迄今为止未结构化的距离单位(早上)到36个村庄,并测量各条道路的距离。目前,县府首府设立了里程碑,成为衡量距离的标准。但是,当新道路开发时,里程碑市场和它们的实际情况不再匹配,因此道路目标被设定为新标准。在大正十一年(1922年),风格由内政部条例决定,尺寸为高60厘米,长25厘米的长方体,使尖端部分圆形, “要使用的”石材和其他耐用材料“,规定了”一切都是市政道路来源“。根据福岛县于1910年4月1日发布的公告,规定须贺川镇的道路来源为“须贺川镇西2丁目第35号”,仍然与当时相同它是。 1889年(明治)(1979年)岩渊郡政府开放后,从这里通往八幡镇的街道被视为从当时的国道到县政府的道路,“街道为郡办公室”它也被称为。在旧路法中,每个城市都被设置为路源目标,但同样的通知也被设置为“Sukagawa Town West 4th Street 1”。当旧的道路法被1952年生效的新道路法取消时(1952年),原始道路标志只作为道路的附属物品,安装地点等特殊规定消失它是。由于这个原因,可以说现有的源路标是传达时间历史的宝贵材料,因为道路建设和住房开发等因素可以看出这个地点是未知的。大正时代的须贺川町西2丁目附近的状态(从大正13年“须贺川町的市区地图”(须贺川市博物馆藏品))

須賀川町道路元標
 道路元標は、道路の起点や終点、主な経過点を標示するためのもので、大正八年(一九一九)に施行された旧道路法により、府県知事が設置場所を指定することとされ、ほとんどは市町村役場の前か、市町村を通る主要な道路同士の交差点に設置されました。
 明治時代、政府は、これまで不統一だった距離(里程)の単位を一里=三十六町に定め、諸街道の距離を測るよう各府県に命じました。このとき、各府県の県庁所在地に里程標が設置され距離を測る基準となりました。しかし、新しい道路が整備されると、里程標とその実態が合わなくなったため、新たな基準として道路元標が設置されました。
 大正十一年(一九二二)には、内務省令によってその様式が定められ、寸法は高さ六十センチ、縦横二十五センチの直方体で、先端部は丸形にすることや、「石材その他の耐久性材料」を使用すること、「何々市町村道路元標」と記載することなどが規定されました。
 大正九年四月一日付の福島県告示によると、須賀川町の道路元標を「須賀川町字西二丁目三十五番地」に設置することを定めており、現在も当時と同じ場所に残されています。
 この場所から、八幡町へ至る通りは、明治十二年(一八七九)に岩瀬郡役所が開庁した後は、当時の国道から郡役所に至る道として重視され、「郡役所通り」とも呼ばていました。
 なお、旧道路法では、道路元標の設定は各市町村一個ずつとされていますが、同じ告示には「須賀川町西四丁目一番地」にも設置を定めています。
 昭和二十七年(一九五二)に施行された新たな道路法によって旧道路法
が廃止になると、道路元標は道路の附属物として定められるにとどまり、
設置場所など特別な規定はなくなりました。
 このため、道路工事や宅地開発などにより所在不明になるなどの事例
見られるなか、現存するこの道路元標は、当時の歴史を伝える貴重な資料
と言えます。

大正時代の須賀川町字西二丁目付近の様子
(大正13年制作「須賀川町市街地図」(須賀川市立博物館蔵)より)

Texts

yuraichan
2018-06-16 09:54 (0)
yuraichan
monumento
2018-06-08 18:57 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

kawa_sanpo (2018/06/08)
Tags: 道標 青面金剛 庚申講 前九年の役 東山道 奥州街道 石川城主 石川有光 源頼遠 厳峯寺 auto-translate 39 1799 1051 石川道 1062 福島県 須賀川市
kawa_sanpo (2018/06/08)
Tags: 南の黒門 auto-translate 39 須賀川宿 福島県 須賀川市
kawa_sanpo (2018/06/09)
Tags: 藤井下がり 須賀川三下がり 須賀川商工会議所 福島県 須賀川市
kawa_sanpo (2018/06/09)
Tags: 山岡鉄舟 幕末三舟 一刀正伝無刀流 無血開城 福島県 須賀川市