Monumento

auto-translate 代户田大桥第三代户田大桥穿过现在的第4户田大桥的东侧,在昭和7年...

2018/04/05

Tags: auto-translate 39 橋 花崗岩 戸田市教育委員会 東京オリンピック 埼玉県 戸田市

Guide plate text

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate Generation Toda Bridge &39;s Third Generation Toda Bridge is bridged to the east side of the current 4th Toda Bridge, and when it was completed in the Showa 7th year, he called a topic as the most innovative and beautiful bridge in the country. At the entrance of the Saitama prefecture side and the Tokyo metropolitan side of the third generation Todabashi, as a "face of Todabashi" there was a pair of parent columns respectively. A high quality granite from Kitakijima Island in Okayama Prefecture is used for the stone of the main column. It is also a famous bridge designer in the early Showa era such as a chamfering corner on the lower masonry of the main pillar and an art deco style stone carving made by mixing curves and straight lines on the midst of the masonry A design that was fascinated by Mr. Atsushi Masuda attracted the eyes of people crossing Toda Bridge. Although it is currently missing, there are electric lamps made of cast bronze on the four sides of the pillar, decoration with a square continued on the middle part and the upper part of the pillar, etc. Currently, the Tokyo metropolitan side of the main pillar is transferred to Itabashi Ward Azusawazawa Park, and the Saitama prefecture side is moved here to Todaibashi Water Park. Toda City has developed since ancient times with river transportation of Arakawa. Three bullets of the nameplate of "Saitama Age" nameplate, which is said to have been attached by US resident soldiers around the end of World War II, and photographs of the Tokyo Olympic torch and runner in Showa 39, the third generation of Toda Bridge I can see that the main pillar has always watched the history of Toda City&39;s history closely. Third generation Todabashi Completion at the time Parent column The torcho runner who finished crossing the Tokyo Olympic Games Todabashi in 1964 Heisei 20 Heisei City Board of Education

This content was generated by machine translation. Please cooperate with proofreading.

auto-translate 代户田大桥第三代户田大桥穿过现在的第4户田大桥的东侧,在昭和7年建成的时候,被称为日本新颖美丽的桥梁。在埼玉县一侧的入口处和第三代户田桥的东京大都会一侧,作为“户田桥的脸”,分别有一对父列。冈山县北岛岛的优质花岗岩被用于主柱的石头。也是昭和初期的着名桥梁设计师,如主柱下砌体的倒角,以及在砌体中间的曲线和直线混合而成的装饰艺术风格的石雕Atsushi Masuda先生设计的时尚设计吸引了人们通过户田大桥的眼睛。虽然目前缺失,但柱子四侧有铸造的青铜电灯,中间部分和柱子上部仍有方形装饰等。目前,主要支柱的东京大都会一侧被转移到板桥区,小泽泽公园,埼玉县一侧被搬到这里,到户田桥水上公园。户田市自古以来与荒川的交通发达。第二次世界大战结束时据说是由美国驻军士兵附上的“埼玉年龄”铭牌铭牌上的三颗子弹,以及东京奥运火炬手和昭和39第三代户田桥的照片我可以看到,主要支柱一直密切关注户田市的历史。第三代户田桥在当时完成父母栏在1964年渡过东京奥运会户田桥的torcho跑步者平成20平成市教育委员会

三代目 戸田橋の親柱
 三代目戸田橋は、現在の四代目 戸田橋の東側に架けられており、完成した昭和七年当時は、日本一斬新で美しい として話題を呼びました。
三代目 戸田橋の埼玉県側と東京都側の入口部には、「戸田橋の顔」として、それぞれ一対の親柱が設置されていました。
親柱の石材には、岡山県北木島産の良質な花崗岩 が使用されています。また、親柱の下段石積みに施された隅部の面取り加エや、石積み 中段に施された曲線と直線を混合させたアール・デコ調の石造彫刻など、昭和初期の著名な橋梁設計者であった増田 淳氏による意匠的に凝ったデザインが戸田橋を渡る人々の目を惹きつけていました。現在は欠損していますが、柱の四面には 鋳造 青銅製の電燈が、柱の中間部と上部には正方形を連続させた装飾などが配されていました。
 現在は親柱の東京都側が 板橋区小豆沢公園に、埼玉県側がここ戸田橋親水公園にそれぞれ移設されています。
 戸田市は、古来から荒川の河川 交通とともに発展してきました。第二次世界大戦後間もない頃に在留米兵によってつけられたとされる「埼玉縣」銘板の3つの銃弾の浪や、昭和39年東京オリンピック の聖火ランナーと写る写真からも、三代目 戸田橋の親柱が戸田市の歴史のあゆみをいつも近くで見守ってきたことがわかります。

3代目戸田橋竣工当時の親柱
昭和39年東京オリンピック
戸田橋を渡り終えた聖火ランナー

平成27年3月 戸田市教育委員会

Texts

ogaworks
2018-04-06 22:58 (0)
ogaworks
2018-04-05 22:50 (0)
shin_chan
2018-04-05 22:31 (0)
shin_chan
monumento
2018-04-05 22:19 (0)
monumento

Comments/Photos

shin_chan 接近 4 年

旧戸田橋親柱

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

kawa_sanpo (2015/03/29)
Tags: 戸田橋 増田淳 板橋区小豆沢公園 戸田橋親水公園 埼玉縣 戸田市教育委員会 埼玉県 戸田市
kawa_sanpo (2017/08/03)
Tags: ocr-generated 埼玉県 戸田市
kawa_sanpo (2016/10/16)
Tags: ocr-generated 埼玉県 戸田市
shijia (2016/03/21)
Tags: 中山道 板橋宿 戸田の渡し 蕨宿 auto-translate 渡し 戸田教育委員会 埼玉県 戸田市