Monumento

Guide plate text

This content was transcribed by optical character recognition. Please cooperate with proofreading.

ocr-generated フラガ - (大川)
アプガーは、県志摩の聖地・ウガー(師)の麓にある、「音に響む」名木です。水量が重富で調れたことがありません。
アブガーの形は大正末商頃までは、低い石積み囲いで半月形であったが,教回の改修を経て、コンクリート作りになっていました。
古来, アプガーは県志摩集落の貴重な水資源として,生活用水(飲料水、洗剤、本藩び)、離業用水として人々の暮らしをヤってきました。人生の通過儀礼として重本、, レディ本として
も用いられ、ムラ人の信仰の対象となり聖水とされてきました。 まきに「命の水」です。
昭和30年頃までは、ラブガーの下蓮積は広大な業種(ハーソー、具志堅田、兼久原率)をなしていましたが、キビ作に使わり、人口の菓出と少子高齢化の道を受け、土地は耕作されず放置きれて
いました。
ラプガーの聞き水は、シンブトウムイの雨野に広がるドリー車(カルスト台地に見られるくぼ地) 地帯や多くの車体が動着した地下率が、それらの構に分布するも熱石炭岩の空洞を割れ目から
連通して、アプガーから出しているものと推定されています。平成14・15年の調査では,1年間を通じて最低でも100kn/目県上、日平均190minの第き本がありフプガーには緑藻類やエビ、カニ。
うなぎ等が、流れには超革類が生息していることが確露されました。
回副空間整備事業(平成15~21年)により、アプガーは石積みに改修され、下流域の田題も含め「ハーゾー絵画」として、黒村の原風量を複元・保全するため再び活用されることになりました。
具志堅のシニーグ歌謡の一節には
音に響まれる 具志堅の大川 流れ行く先や 稲の油
我島三又* *がきやうら 我島乳女がなしぬ うしで水
~と路われています。
式アプガー)の音選
1951年(町和36年)撮影
1950年代藩主規制
2006年4件書11 年増軽
※改修前

Texts

monumento
2018-03-27 22:45 (0)
monumento

Comments/Photos

Footprints

0 footprints lefted here.

Embed tag

Guide plate Tour

周围的导板

monumento (2014/04/09)
Tags: 今帰仁城 沖縄県 今帰仁村
monumento (2014/04/09)
Tags: 鳥居 沖縄県 今帰仁村
monumento (2014/04/08)
Tags: 未完 auto-translate 沖縄県 今帰仁村
genjitsu_ (2018/11/23)
Tags: 琉球王国 グスク 中城城跡 石灰岩 勝連城跡 首里城跡 世界遺産登録資産の石垣石材 今帰仁城跡 座喜味城跡 沖縄県 今帰仁村