Monumento

案内板の文字起こしについて

Monumentoに投稿された案内板情報には、文面の内容をテキスト情報として追加・校正することができます。 あなたが気になった案内板があれば、ぜひテキスト化や翻訳に参加してみてください。

2018年2月以降、案内板のテキスト化に OCR(光学文字認識機能)を導入 しています。OCRされた案内板は、投稿直後におおよそのテキスト情報が自動で付与されているので、少しの校正を加えるだけでテキスト化も完了となります。


案内板のテキスト化手順

1. ログインする

案内板のテキスト化に参加するために、Monumentoにログインしてください。


2. 案内板一覧

案内板一覧ページを開きます。


3. 案内板を選ぶ

テキスト化する案内板を選びます。ラベル「日」「英」「中(簡)」はテキスト化の状態によって色分けされています。

  • ・水色のラベルはOCRによりテキスト化されているもの
  • ・黒のラベルは、ユーザーによりテキスト化されたもの
  • ・グレーのラベルは、テキスト化されていないもの


4. テキストを入力する

画面左の拡大画像を参考にしながら、右の入力欄にテキストを入力します。

画面右上の「レイアウト変更」をクリックすると、画像と入力欄の配置を変更することができます。画像の全体を表示したい場合は「新しいタブで画像を開く」で別窓を開いてください。


テキスト欄が空の場合は、「OCRでテキストを抽出する」ボタンをクリックすると、テキストをOCRで抽出できます。

OCRで抽出されたテキストの内容を確認・校正して保存(投稿する)してください。


5. テキストのタグ付け

案内板の文面に、人名や案内板の設置主名称(○○教育委員会)などのキーワードがある場合は、その前に半角で「#」と直後に半角スペース「 」を追加してタグ付けすることができます。

案内板の原文の内容をできるだけ維持するために、タグ付けの際には以下の点を守ってください。

  • ・本文中の語句に直接タグ付けする場合はタグ付け記号(#と半角スペース)以外の文字の追加は不可とします。
  • ・タグ文字列の追加は、文中でその一部が省略された語句を補完する場合(例:家康 → #徳川家康)のみ可とします。  その際は、文末に---(半角ハイフン3つ)と改行を追記して、それ以降に記入してください。
  • ・本文中に記載された年号をタグ付けする場合は、漢数字を英数字半角に変更してもOKです。(例:一九八二 → #1982)

6. テキストの保存

「投稿する」ボタンを押すと、入力したテキストが保存されます。その際、自動翻訳の「英語」「中国語(簡)」にチェックを付けておくと、自動的に翻訳文も作成されます。


7. テキスト化完了

案内板のテキスト化はこれで完了です。ご参加いただきありがとうございました!


その他不明点やご質問はお気軽に こちら からお寄せください!