Monumento

Discover the hidden history of Japan!

Any tourist guidebook will give you plenty of information on Meiji Shrine or the Imperial Palace, but there’s a lot more to Japan than these big name destinations. Take a walk in any neighbourhood in Japan, and you’ll soon come across a temple or statue. Often there will be a placard describing the history of the site, but the information will only be in Japanese.

Before Monumento, the story behind these places was hidden unless you spoke Japanese. But now you can use Monumento to discover their secret past. Simply take a photo of the placard, upload it, and we’ll textize and translate the content so you too can understand these unknown gems of Japanese history.

More about Monumento

Recent Registed Spots

Loading

Texts Update spots

  • tenma
  • tenma
  • 2016/12/07 10:30
  • (2)

銅造 役の行者(えんのぎょうじゃ)倚像(いぞう) 区指定文化財(昭和59年3月31日指定) 下目黒3-20-26 役の行者(役小角ともいう)は奈良時代の山岳修行者で修験道の祖として崇拝されている人物です。この像は寛政8年(17...

  • tenma
  • tenma
  • 2016/12/07 10:29
  • (569)

《お静地蔵尊・由来記》 右 准胝観音・聖観音・十一面観音 中 阿弥陀如来 左 金剛願地蔵・金剛幡地蔵・金剛宝地蔵  この石仏像は、徳川二代将軍秀忠公の側室、お静の方の発願で奉納されたものです。お静は江戸城大奥にあがり将軍の...

  • tenma
  • tenma
  • 2016/12/07 10:28
  • (398)

海福寺 下目黒3-20-9  明から来朝した隠元隆琦 が万治元年(1658)に江戸深川に開創した黄檗宗 の寺でしたが、明治43年(1910)に現在地へ移転しました。  本尊は釈迦牟尼仏 で、他に四天王像や隠元禅師の像、...

  • tenma
  • tenma
  • 2016/12/07 10:26
  • (272)

松雲羅漢  天恩山五百羅漢寺の開基松雲禅師 は、元禄年中、五代将軍綱吉公の生母桂昌院 をはじめ江戸中の人びとから寄せられた浄財をもとに五三六体の羅漢像 を彫刻し、本所五ッ目に五百羅漢寺を築いた傑僧である。  明治四十二年...

  • tenma
  • tenma
  • 2016/12/07 10:25
  • (403)

蟠龍寺  下目黒3-4-4  目黒行人坂付近にあった称明院〔慶安元年(1648)開創〕を、増上寺の霊雲上人 が浄土宗の戒律を復興するため現在地に移し、宝永6年(1709)「霊雲山称明院蟠龍寺」と改名再建されました。  次い...

Recent Posted Couses

沖縄県内の史跡文化財(32)


沖縄県内にある国・県・市町村指定の史跡文化財のまとめです。

樹木・植物に関する案内板(182)


街路樹や、寺社の境内、城郭、都会の公園やビルの谷間。様々な場所に樹木・植物に関する案内板があります。地名の由来や、歴史に因んで植えられたもの。いろんな樹木・植物に関する案内板を集めます。皆様も見かけたら是非投稿してみてください。 その樹木や植物の写真がありましたら、一緒にコメント欄に入れて頂けると嬉しいです...

江東みちしるべ(7)


「江東みちしるべ」を集めてみました。皆様も見かけたら投稿してみてください。

More...

Number of the datas

Posted spots 6,667 spots
Transcribed 64.47 %